www.crossroadsoftheamericas.com

店舗で全てのクレカが切れるわけではありません。▽カードの加入店舗は一般的に二つ以上のクレカとライセンスを結んでいますが残念なことにどれもの契約店でみなのブランドの所有カードが決済できるわけではありません。例えば古いタイプの加盟店舗の場合にはJCBの付いたそのカードしか決済できない場合もありますし新しい加盟店舗ならばVISAとMasterCardのロゴのついたクレカだけしか使えない場面もあります。ダイナースカードに類するクレジットカード会社だったら、さらに使えない場所が増えるはずです。どのマークの所有クレカが使用できるかをいかにして見分けるといいか?「ならばいかにしてどのカードが使用できるかを見分けるといいんだろう?」という質問ですが確実にチェックするためには商店の担当者に見せてみる以外にはないていうのが正直ながら正解。とはいえおおよその店舗やフードコートには分かりやすい場所に使えるクレジットカードの印が書かれた認証ステッカーが貼られているから「へー、あの店舗はMasterCardが決済できるのか」といった感じでわかるようになっているので心配しないようにしていただけると思います。とはいっても、正しく管理が行き届いていない加盟店の場合には印が掲示されているのに「うちではご使用のクレカはご使用いただけません」なんて対応をもらってしまうケースもあるので冷や汗をかいてしまう場合だってあるでしょう。お勧めとしてはできる限りは十分な数の加入店舗でクレカが切れるようにするために、別のマーク(国際マーク)が入っている一般的なJCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、というようなカードを2、3枚携帯するようにするとよいでしょう(例えば:ライフカードをすでに持っているなら他方はディスカバーカード付帯のクレジットカードを契約するなど)。もっぱら日本においてはVISAカード、MasterCard、JCBの書いてあるカードを常時携帯しておけば、おおむねすべての契約店舗で少なくとも1枚のクレジットカードを提示するよう準備できていることになります。カードを使いこなして有効にマイル取得を続けていくには上記のカードを申し込んでおいていただきたいと思います。
Copyright © 1999 www.crossroadsoftheamericas.com All Rights Reserved.